お住まいを探している人にとってまず第一の選択肢として賃貸にするか持ち家にするのかというものがあります。

実際にどちらがいいかはそれぞれにメリット・デメリットがあるため、ここでは断言することは難しいです。

ただ、そのメリット・デメリットを知ることはとても大切なことのはずです。

まず賃貸のメリットと言えば、何と言っても自由度があります。

もしも、引っ越した先のご近所とトラブルを起こしたとなったら、すぐに引っ越してしまうことも可能です。

一方、持ち家であると高価な買い物をしたものを手放すことができません。

そのため、ご近所トラブルとなっても引っ越すことができないのです。

でも、持ち家することで社会的信用の価値は高まります。

先ほども言ったように引っ越すことが少なくなるため、キャッシングを希望するときも消費者金融も貸しやすいというメリットがあります。

一方、賃貸であるとどうしても社会的信用が少し低い傾向にあるのです。

単純にいって「家を持っている」と「家を借りている」では、その威厳が違ってくるでしょう。

このように、賃貸と持ち家ではメリット・デメリットがあるためどちらが良いとは断言することができません。

自分の判断でしっかりと見極めていく必要があります。